日本皮膚科学会認定皮膚科専門医 小原美子が編集長をつとめるWebマガジン

【宮城県:峩々温泉】しづくの温泉帖


こんにちは、しづくです。

厳寒の1月は、とっておきのお宿をご紹介します。

寒~い中、雪をかき分け行ってきましたよ!海抜1841メートルの蔵王山南面に位置する、一軒宿「峩々温泉」。宴会や団体(お部屋によっては小さなお子様さえ)一切シャットアウトしているという、凛としたポリシーのあるお宿との噂。
もちろん、日本秘湯の会会員のお宿です。

秋田からは秋田道→東北自動車道→を進み、村田ICからから約40分くらい。あたりは雪も多く、雪の木立ちを

gaga〇 (1)
抜けて山道を進んで行きます。

gaga〇 (2)

標識が見えてきました!
本日のお宿です!

gaga〇 (3)

橋の手前側が蔵王町。
橋を渡ると川崎町。

gaga〇 (4)

入口ではイケメンの館主さん達が除雪作業をしていました。
びっくりなのは、館主ご夫婦、館主弟さん、従業員さんともみな若い!(全員30代?)
オシャレなオリジナルウィンターウェアに身を包み、3歳の息子さんや8カ月の赤ちゃんまでがパタゴニアのオシャレウェア・・・・・。やっぱりどこか違うぞ、この宿は!

玄関周りも洒落ているのです。

gaga★ (1)

gaga★ (7)

むむむ・・・これはいつもの秘湯の宿とは一味も二味も違う・・・・・・館内も調度品のセンスがいい。

gaga★ (6)

まずはロビーで宿帳を書く。
いいなぁ~暖炉。ぱちぱちと薪の弾ける音。
BGMはジャズ。談話室と呼ばれているこのスペースはとても居心地がいい。

gaga★ (2)

まずはお茶を出してもらいゆっくり。

gaga★ (3)
あちらこちらに素敵な椅子と薪の山。
無造作に置かれているカタログはパタゴニア。
15:00からはハッピーアワーで生ビール@500なり。

gaga★ (4)

gaga★ (5)

本も沢山。雑誌も婦人画報、家庭画報、山の本、ホテルの本、哲学書、旅行本、北欧デザインの本など多数。

gaga☆ (2)

ここで読んでもいいし、お部屋へ借りて行ってもいいんだよ。
ここの温泉は飲む事も出来るので、空腹時にゆっくりと1杯の温泉を飲む事を推奨しています。

gaga☆ (3)

1日200㎜ほどを食前30分から1時間前にゆっくりと飲むのがいいらしい。

gaga☆ (1)

宿は平屋が下・中・上棟と階段で繋がっていて山の斜面を活かした作り。
館内の至る所にオシャレな絵画や版画が飾られ、廊下も木をふんだんに使って贅沢です♪
まずは階段を登り

gaga◇ (5)

お部屋へと向かいます。
今日のお部屋は「KIRI」

gaga◇ (1)

お布団を予め敷いて頂いている湯治プラン。

gaga◇ (3)

お籠りできる炬燵の間もいいね。

gaga◇ (2)

窓から見える景色は雪・・・・雪・・・・白一色。

gaga◇ (4)

お部屋は床暖のたたみ+オイルヒーターでぽかぽか。

まだ日があるうちに、ここの名物の天空の湯へ!

gaga▲ (3)

館内の先端にあるこの露天風呂に行き着く間、お約束の提灯見っけ!

gaga▲ (2)

天空の湯は空いてさえいれば誰でも好きに無料で入れる貸切露天なのですが、時間だけ注意書きが「日の出から日没まで」とある。
はて??
何故に?
理由はドアを開けた瞬間納得。ドアを開けたらほら。。

gaga▲ (4)

gaga▲ (6)

ブルーシートに囲まれた単管の階段・・・・恐る恐る登ると、そこには超解放貸切露天がありました。
床凍ってるし、超寒いけどお湯は絶品。

gaga▲ (5)

峩々温泉のお湯は胃腸に良く効くと東北でも折り紙つきの名湯。

gaga▲ (7)

外に雪景色が見えるけれど、ここにガラスはありません。スルーよ。外。まぎれもなく外。外気温マイナス5℃

gaga▲ (1)

だから湯に浸かっていないと凍る。ちゃっちゃっとバスタオルを巻いて、裸足にサンダルひっかけ単管階段を下り、逃げるように女湯へGO。

女湯はドアも脱衣所も綺麗。

gaga■ (3)

浴室は洗い場と「あつ湯」

gaga■ (5)

「ぬる湯」

gaga■ (4)

そして露天風呂。

gaga■ (1)

gaga■ (6)

ここには独特の湯治の仕方があり、先に紹介した「飲む」に加え「入浴」は1回あたり
合計10分が理想だそう。1分で10回でも5分を2回でもいいらしい。そして「かけ湯」。
あつ湯(写真でいう正方形の方)の浴槽の縁に木製の枕を置いてそこに寝そべり、竹筒で胃や腸の周りに1回100杯のお湯を掛けるというもの。お腹がじんわりと温まり特に胃腸に良いそう。
あつ湯も

gaga◎ (4)

ぬる湯もちょどいい。

gaga◎ (3)

無色透明無味ですがお湯がフレッシュなのが良く判る。

gaga◎ (5)

湯が注がれる湯口には堆積した温泉成分がしっかり付着していましたよ。

gaga◎ (1)

本物のあかし~~。成分はコレ!

gaga◎ (2)

そうそう!皆様ご期待のお料理ですが、これまたビックリ!
桜ダイニング

gaga (1)

で頂くお料理は山奥の一軒宿とは思えないほどのオシャレで美味しくての一品料理。

夜はこれ。

gaga (3)
ふかひれの茶わん蒸し、美味しかったぁ~~。
プラスご飯と具だくさんのお味噌汁とデザートが付く。
朝はコレ。

gaga (2)
自家製(実はハム・ソーセージ工房も経営)のハムが絶品。
お部屋にあったかわら版からも宿のこだわりが見えてきます。
ここは1週間いても飽きないだろうな。

現代版湯治にぴったりな、もう一度来たい宿でした。

gaga (4)

 

※あっ、携帯通じません。談話室だけWIFIが繋がる。

峩々温泉

住所
〒989-0901 宮城県柴田郡川崎町大字前川字峩々1番地
電話番号
0224-87-2021
URL
http://www.gagaonsen.com/
備考
FAX023-672-1099
subtract

この記事を書いた人

しづく

しづく   この人が書いた他の記事を見る 

趣味は温泉めぐりと山歩き。
最近は釣りも少々。
紫外線対策と戦うアラフィフwoman!!

関連記事

Writer

  • 小原 美子
    小原 美子
    編集長
    アーデ・ベーグループ 代表
    アーデ・ベークリニック 院長小原 美子
    日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
    美容雑誌「美ST」主催の第3回国民的美魔女コンテスト ファイナリスト
  • rumy!
    rumy!
    ファッション業界で長く活躍後
    子育てを経て、接遇マスターに。
    55歳にして美容の世界に転職。
    趣味はゴルフ、朝のカフェ。
  • しづく
    しづく
    趣味は温泉めぐりと山歩き。
    最近は釣りも少々。
    紫外線対策と戦うアラフィフwoman!!
  • アトリエ梛木
    アトリエ梛木
    アトリエ梛木代表 髙橋 直美
    28歳のときに独学で建築士の資格を取得。
    その後独立し、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーターの資格も取得し、住宅や店舗設計とそのインテリアコーディネートをはじめとして、福祉施設や介護保険住宅改修などにも力を入れている。
  • マダム
    マダム
    住宅会社に長年勤務し、宅建資格を所持。
    美容のお仕事が大好きな、40代子育てママ。
    お酒大好き、dietはお任せ。
  • あでぶちゃん
    あでぶちゃん
    妖精
  • goshi
    goshi
    秋田の日本酒と食をこよなく愛する秋田美人。自宅には日本酒のストックが酒屋さん並み?にあるとの噂も。
    日本酒に合う料理も得意分野です。
  • アイフルホーム
    アイフルホーム
    アイフルホーム
    家づくりは、アイフルホームにお任せ!
    『より良い家を、より多くの人に、より合理的に提供する』を使命に、
    とれたての住まい情報を発信していきます!!