日本皮膚科学会認定皮膚科専門医 小原美子が編集長をつとめるWebマガジン

【ふたりはいつも】Rumy!の大人のオンナのためのブックレビュー♪


こんにちは!Rummy!です♪

前回に引き続き【絵本】の紹介です。前回と同じシリーズです。

仲良しの「かえるくん」と「がまくん」のおかしな行動に笑いながらも、友だちについてや、他者を思いやることについて、いろいろと考えちゃう絵本です。そして、最近知った作者の衝撃の事実。。

IMG_0090

「おちば」

10月の落ち葉だらけになった庭をみて、かえるくんはがまくんの庭をきれいにしてあげようと、くまでを持って行きます。がまくんもまた、かえるくんの庭をきれいにしてあげようと、くまでを持って行きます。違う道を通っていったので、途中で会うこともなく、お互いそのことは知りません。せっせと友だちの庭をきれいにし、それぞれ帰っていきます。風が吹きまくり、せっかくきれいにした庭をまためちゃくちゃにしてしまうのですが、自分ちの庭は最初からおちばだらけだと思っているから、気になりません。それぞれ、友だちの庭をこっそりきれいにしたつもり・・。かえるくん(がまくん)、きれいになった庭を見て、びっくりするだろうなぁ。。

【そのばん あかりをけして それぞれが おふとんに はいったとき かえるくんもがまくんも しあわせでした。】

「クリスマス・イブ」

クリスマスの晩、たくさんごちそうを作ったがまくんは、かえるくんを待っています。時計が止まっていて、なかなかこないかえるくんが心配でなりません。深い穴に落っこちていたら?森で迷っていたら?大きなけものにおっかけられていたら?想像が止まりません。穴から助け出す綱、目印になるあかり、けものを退治するフライパンを持って、玄関から駈け出すと・・プレゼントの時計を持ったかえるくんがそこに。

【とけいの はりはうごいて、たのしいクリスマス・イブはすぎていくのでした。】

ひとを想う気持ち、一緒にいて楽しいと思う気持ち、ほんわか優しい気持ちになれる絵本です。

そして、かえるくんとがまくんは愛し合っているのでした。作者のアーノルド・ローベルはゲイだったそう。54歳でエイズで亡くなったとのこと。奥様もいて、共著もあるのだけれど。

そう知ってから読み返すと、せつなくて泣けてくる愛ですよね。alone togetherという言葉を他の絵本で使ったそうです。男でも女でも、みんなひとり。ひとりだから一緒にいたい。一緒にいて楽しいけれど、やっぱりひとり。

オトナに読んで欲しい絵本です。

文化出版局 ¥880(税抜)

 

subtract

この記事を書いた人

rumy!

rumy!   この人が書いた他の記事を見る 

ファッション業界で長く活躍後
子育てを経て、接遇マスターに。
55歳にして美容の世界に転職。
趣味はゴルフ、朝のカフェ。

関連記事

Writer

  • 小原 美子
    小原 美子
    編集長
    アーデ・ベーグループ 代表
    アーデ・ベークリニック 院長小原 美子
    日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
    美容雑誌「美ST」主催の第3回国民的美魔女コンテスト ファイナリスト
  • rumy!
    rumy!
    ファッション業界で長く活躍後
    子育てを経て、接遇マスターに。
    55歳にして美容の世界に転職。
    趣味はゴルフ、朝のカフェ。
  • しづく
    しづく
    趣味は温泉めぐりと山歩き。
    最近は釣りも少々。
    紫外線対策と戦うアラフィフwoman!!
  • アトリエ梛木
    アトリエ梛木
    アトリエ梛木代表 髙橋 直美
    28歳のときに独学で建築士の資格を取得。
    その後独立し、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーターの資格も取得し、住宅や店舗設計とそのインテリアコーディネートをはじめとして、福祉施設や介護保険住宅改修などにも力を入れている。
  • マダム
    マダム
    住宅会社に長年勤務し、宅建資格を所持。
    美容のお仕事が大好きな、40代子育てママ。
    お酒大好き、dietはお任せ。
  • あでぶちゃん
    あでぶちゃん
    妖精
  • goshi
    goshi
    秋田の日本酒と食をこよなく愛する秋田美人。自宅には日本酒のストックが酒屋さん並み?にあるとの噂も。
    日本酒に合う料理も得意分野です。
  • アイフルホーム
    アイフルホーム
    アイフルホーム
    家づくりは、アイフルホームにお任せ!
    『より良い家を、より多くの人に、より合理的に提供する』を使命に、
    とれたての住まい情報を発信していきます!!