日本皮膚科学会認定皮膚科専門医 小原美子が編集長をつとめるWebマガジン

(1)日焼け止めの数値と効果について


脱毛レーザー治療後、フラクセルレーザー後、そして美白治療
さまざまな治療の際に、日焼け止めは非常に大事になってきます。
その日焼け止め、何を基準に選べばよいかというと
まずは王道の
SPF値とPA

紫外線防止用化粧品と紫外線防止効果

SPFとは
Sun Protection Factor(サン プロテクション ファクター)の略で紫外線防御指数とも呼ばれています。
UVB波の防止効果を表す指標です。
紫外線を浴びたときに、皮膚が赤くなるまでの時間を何倍に伸ばす
ことが出来るかを示すものです。
SPF1=15分
SPF20=15分×20=300分

つまり SPF値=日焼けするのを防ぐ時間

SPF値が大きければ大きいほど
日焼けを防ぐ強さが強いと勘違いしている人が多いですが
強さのことはまったく関係していません。

一方、
PAとは
PAとはProtection Grade of UVA(プロテクション グレイド オブ UVA)の略でUV-A防御指数ともよばれます。
UVA波の防止効果を表す指標です。
SPFが肌が赤くなる原因のを防ぐのに対して、PAは皮膚の黒化が起こる原因を防ぎます。
PAは、UVA波を防ぐ強さを表しています。
PA+ :PFA2以上4未満・UV-A防御効果がある。
PA++ :PFA4以上8未満・UV-A防御効果がかなりある。
PA+++:PFA8以上16未満・UV-A防御効果が非常にある。

PA分類が1段階上がると、UVA防止効果が2倍になります。

と今までは、3段階評価でしたが

2013年1月から新たに
PA++++が表記できるようになりました。

PA++++:UVAPFが16以上・効果が極めて高い。

そして
UVA=シワ、肌老化の原因、シミの原因
UVB=日焼け、シミの原因

ですから、出来るだけ若々しい肌を保つにはUVAを強力に
カットしたいものです。

それなら、すべての日焼け止めがPA++++になればいいのに…なんて
思いますが、実はなかなか簡単にそうならないのです。

それは、
PA++++の効果を出すためには、「紫外線吸収剤」を配合しなければ
難しいから。

お肌に優しいとうたっている日焼け止めは、紫外線吸収剤不使用を
目指しており、すべての効果を紫外線散乱剤(酸化チタンなど)に
ゆだねています。

この紫外線散乱剤でSPF++++を出そうとすると…
真っ白な顔になること間違いなし。

そんなわけで
PA++++の肌に優しい日焼け止めが登場するのはまだまだ先かも知れません。

 

 

余談ですが、紫外線吸収剤がなぜこれほど悪者扱いされるのか疑問ですよね。
私もまだ勉強不足ですが
紫外線吸収剤は、肌に刺激が強く、かぶれを生じやすいという
欠点があります。

私も、20歳ごろ海に行くために準備をした強力に紫外線をカットする
事をうたっている某有名日焼けどめを使用し、かぶれて顔中に
にきびが出たことがあります。

使用するたびにピリピリと強い刺激を感じましたが
当時は若かったので
「さすが強力日焼け止め、使用感も違うのね~」なんて
のんきに考え、他の人から指摘されるまで、日焼け止めが
にきびの原因だったなんて気づきもしませんでした。

ですから、闇雲にSPF値、PA値が高いものを選ぶのではなく
それぞれの利点欠点を考えた上で、ご自身にとって
最適なものを選んでいくことが必要だといえます。

現段階では、
やっぱりかぶれが心配なので私自身はPA++++は選ばないですね。

だって、どんなに数値の高い日焼け止めをつけても
肌をこすれば全部取れます。

日焼け止めは、数値にこだわりすぎるのではなく
塗りなおしを頻回に行うことのほうが大切!!

そういう意味では、どうせ作るなら一番最後にお顔に塗る
ファンデーションにこそ、PA++++を導入すればより効果が高いと言えます。

subtract

この記事を書いた人

小原 美子

小原 美子   この人が書いた他の記事を見る 

編集長

アーデ・ベーグループ 代表
アーデ・ベークリニック 院長小原 美子
日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
美容雑誌「美ST」主催の第3回国民的美魔女コンテスト ファイナリスト

院長ブログはこちら

関連記事

Writer

  • 小原 美子
    小原 美子
    編集長
    アーデ・ベーグループ 代表
    アーデ・ベークリニック 院長小原 美子
    日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
    美容雑誌「美ST」主催の第3回国民的美魔女コンテスト ファイナリスト
  • rumy!
    rumy!
    ファッション業界で長く活躍後
    子育てを経て、接遇マスターに。
    55歳にして美容の世界に転職。
    趣味はゴルフ、朝のカフェ。
  • しづく
    しづく
    趣味は温泉めぐりと山歩き。
    最近は釣りも少々。
    紫外線対策と戦うアラフィフwoman!!
  • アトリエ梛木
    アトリエ梛木
    アトリエ梛木代表 髙橋 直美
    28歳のときに独学で建築士の資格を取得。
    その後独立し、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーターの資格も取得し、住宅や店舗設計とそのインテリアコーディネートをはじめとして、福祉施設や介護保険住宅改修などにも力を入れている。
  • マダム
    マダム
    住宅会社に長年勤務し、宅建資格を所持。
    美容のお仕事が大好きな、40代子育てママ。
    お酒大好き、dietはお任せ。
  • あでぶちゃん
    あでぶちゃん
    妖精
  • goshi
    goshi
    秋田の日本酒と食をこよなく愛する秋田美人。自宅には日本酒のストックが酒屋さん並み?にあるとの噂も。
    日本酒に合う料理も得意分野です。
  • アイフルホーム
    アイフルホーム
    アイフルホーム
    家づくりは、アイフルホームにお任せ!
    『より良い家を、より多くの人に、より合理的に提供する』を使命に、
    とれたての住まい情報を発信していきます!!