日本皮膚科学会認定皮膚科専門医 小原美子が編集長をつとめるWebマガジン

(1) 正しい洗顔方法とは


シミ対策…クレンジング剤選びと洗顔方法が最重要

ズバリ!結論から書いていきましょう。
シミができる原因は、主に紫外線のせいですが
肝斑タイプのシミができる人は、紫外線の影響だけでなく、肌をこすりすぎの傾向があります!!
まさに、
肌をこすりすぎていることがシミの原因 なのです。
私、肌をほとんど触っていないわよ…と言われる方も多々いらっしゃいますが
実は、
「肌をこすっている」のは、洗顔をしていたりスキンケアを行っている時が一番多いと言えます。

メイクをする女性の皆さまは当然のようにクレンジング剤と洗顔フォームのダブル洗顔を行っていますが、
それって本当に必要ですか?
スキンケアの中でも洗顔の時が最も肌をこするリスクが高くなっていますが、
その洗顔を、2回も続けて行ったら…(>_<) それだけで肝斑には刺激になっちゃいます。

ですから、シミ対策のためには基礎化粧品から見直すことをおすすめします。特にその中でも、洗顔は最重要事項といえます。
そこで、理想の洗顔料の条件から考えていくと
まずは

  1. メイクも皮脂汚れも1本で落とせるタイプ
    です。

    さらに理想を挙げると

  2. 肌をこすらないように伸びが良いこと
  3. 突っ張らないけれどさっぱり洗いあがること
  4. かぶれを生じないこと
  5. 泡切れが良いこと

などです。

ぞれぞれに関して解説していきますね。
1.メイクも皮脂汚れも1本で落とせるタイプ
理由が2つ。まずは、とにかくこする回数を減らす!ということ、 そしてもう一つは、肌を乾燥させすぎないこと。
ダブル洗顔は確かに汚れがしっかり落ちますが、その分肌本来が持っている自前の大切な保湿成分も落としてしまいがちです。
ですから、汚れを微塵も残さない…ではなく、メイクはしっかり落とすけれど、皮脂汚れは落としすぎない方が肌のためには良いと言えます。
頬は、顔の中でも一番出っ張っている部分なので、乾燥すればそれだけ外気の刺激を受けたりしやすくなり、ますます肝斑を刺激することにもなりかねません。

2.肌をこすらないように伸びが良いこと
これ、実はものすごく大事!!
肌に伸ばす時にというのが、肌と手のひら、そしてクレンジング剤で摩擦が生じる時です。
滑らかに伸びの良いテクスチャーなら、肌をこする事がありません。
美肌・美白のためには使用量をしっかり守って、使ってください。

3.突っ張らないけれどさっぱり洗いあがること
突っ張りの原因は様々言われていますが、
1)肌がアルカリ性に傾いいているから  ← 石鹸で顔を洗ったときに生じやすい
2)石けんカスによる膜ができるから ← 石鹸で顔を洗ったときに生じやすい
3)保湿成分を洗い流しすぎて乾燥するため ← ダブル洗顔した時に生じやすい
しかも、最近では洗顔による突っ張りを改善するために、保湿成分入り…と言って洗顔後もしっとりするタイプの物も見られますが、私個人的には、せっかく顔を洗ってさわやかな気分を感じたいときにべたべたして気持ち悪い! って思っちゃいます。
洗顔には、汚れを落とす作用と、気持ち的にスッキリ・さっぱり洗いあがる肌感触を理想としました。
④ かぶれを生じないこと ⑤ 泡切れが良いこと
クレンジングとよばれるものは(含む石鹸)、天然か人工化の違いがあっても全て界面活性剤を含んでいます。
この界面活性剤がいつまでも肌に残ると、肌荒れの原因になりますので、そもそもの界面活性剤が肌への刺激が少ないものを選ぶと同時に、洗い流した時にサーっと流れてくれるものが必要です。

subtract basic サブトラクト

美容皮膚科医が考えるシンプルなスキンケア。 サブトラクト subtract

subtract

この記事を書いた人

小原 美子

小原 美子   この人が書いた他の記事を見る 

編集長

アーデ・ベーグループ 代表
アーデ・ベークリニック 院長小原 美子
日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
美容雑誌「美ST」主催の第3回国民的美魔女コンテスト ファイナリスト

院長ブログはこちら

関連記事

Writer

  • 小原 美子
    小原 美子
    編集長
    アーデ・ベーグループ 代表
    アーデ・ベークリニック 院長小原 美子
    日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
    美容雑誌「美ST」主催の第3回国民的美魔女コンテスト ファイナリスト
  • rumy!
    rumy!
    ファッション業界で長く活躍後
    子育てを経て、接遇マスターに。
    55歳にして美容の世界に転職。
    趣味はゴルフ、朝のカフェ。
  • しづく
    しづく
    趣味は温泉めぐりと山歩き。
    最近は釣りも少々。
    紫外線対策と戦うアラフィフwoman!!
  • アトリエ梛木
    アトリエ梛木
    アトリエ梛木代表 髙橋 直美
    28歳のときに独学で建築士の資格を取得。
    その後独立し、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーターの資格も取得し、住宅や店舗設計とそのインテリアコーディネートをはじめとして、福祉施設や介護保険住宅改修などにも力を入れている。
  • マダム
    マダム
    住宅会社に長年勤務し、宅建資格を所持。
    美容のお仕事が大好きな、40代子育てママ。
    お酒大好き、dietはお任せ。
  • あでぶちゃん
    あでぶちゃん
    妖精
  • goshi
    goshi
    秋田の日本酒と食をこよなく愛する秋田美人。自宅には日本酒のストックが酒屋さん並み?にあるとの噂も。
    日本酒に合う料理も得意分野です。
  • アイフルホーム
    アイフルホーム
    アイフルホーム
    家づくりは、アイフルホームにお任せ!
    『より良い家を、より多くの人に、より合理的に提供する』を使命に、
    とれたての住まい情報を発信していきます!!